TERMS AND CONDITIONS OF REPAIR

サービスのご利用規約

1.適用の範囲

  • 本規約は、さくら製作所株式会社(以下、当社)が提供する修理、点検、故障診断等(以下「本サービス」といいます。)に適用されるものとします。
  • 本規約、製品保証書製品ラベル取扱説明書に記載されている製品の保証規定、アフターサービスについて、安全上の注意、並びに禁止、警告表示等を総称して「保証規定」と定めます。(以下、「保証規定」と言います)
  • 本規約は、日本国内でのみ有効とし、対象となる製品も日本国内にて販売され、且つ使用された製品においてのみとします。
  • 当社は本規約に従ってお客様に製品の修理、点検、保証サービスを提供いたします。予め、本規約にご同意の上本サービスをご利用くださいますようお願い申し上げます。

2.対象となるお客様

対象となるお客様は、出張修理の対象となるさくら製作所製品をお持ちのお客様とします。ただし、以下のいずれかに該当する方を除きます。

  • 日本国外に居住するお客様
  • 連絡用電話番号およびメールアドレスをお持ちでないお客様
  • 日本語による意思の疎通ができないお客様
  • 作業日の立会いができないお客様
  • 修理に当たり、必要な機器、情報、環境をご提供いただけないお客様
  • 規定範囲外を越える要望をされないお客様
  • 本規約、18条、19条に該当しないお客様

3.修理・点検の目的

修理・点検は、お客様が安全に対象製品をお使いになるために、機能が同等の新品、または再利用部品との交換により、以下の場合の当該対象製品に対し、その機能や性能を確保、修復、維持することを目的とします。 また、当社判断にて機能が同等の新品、または再利用部品との製品交換にて同様の目的を果たす場合も含みます。

  • 当該対象製品が故障した場合
  • 当該対象製品が本来の性能・機能が発揮できなくなっている場合
  • その他、当社が必要と判断した品質上の問題が懸念される場合

4.申込の成立

  • 本サービスの申込前に、当社は概算見積金額をお客様に通知するものとし、当該見積金額に対しお客様よりご了承いただいたうえで、口頭または書面にて署名を頂戴し、ご承諾を得たものといたします。事前にお客様より修理料金の見積もりは不要である旨ご連絡をいただいた場合は、お客様がご了承されたものとして見積金額の提示は行わず修理を実施いたします。
  • 概算見積金額の上限金額を超えることがある場合は、再度口頭または書面によるお客様の承諾後に修理を実施いたします。
  • 修理・点検を申込される際は、保証規定および見積金額に同意の上、当社が定める所定事項を確認後、当社が受領した時点で申込成立とします。必要事項の記載不備、未記入などがある場合、申込されても成立いたしません。

5.申込の撤回

前条の申込成立後、お客様とご連絡が取れない場合は、申込成立日より起算して当社の営業日で10日を経過後、当該申込の撤回があったものとします。

6.訪問日時

訪問日を指定された場合は、原則として指定された日(以下「指定訪問日」)にサービス提供会社が訪問するものとします。

  • 修理・点検の訪問日は、申込の成立から起算して当社の営業日で、最大10営業日程度お待たせすることがございます。また、遠隔地や離島などはさらにお待たせすることがございます。
  • 修理・点検日は、サービス提供会社からのお客様へご連絡させていただいたうえで決めさせていただきます。
  • サービス提供会社からの連絡手段は電話とさせていただきます。
  • 修理に際し、当社から電話連絡をご希望されるお客様は、原則として当社の翌営業日以降とさせていただき、電話連絡時間は平日10:00~17:00の間といたします。
  • 訪問日時ついては、天候、交通事情、その他の理由により、あらかじめお伝えした時間、または代替日にさせていただく場合がございます。また諸般の事情により、お客様の承諾を得たうえで、訪問日時を変更させていただく場合があります。
  • 離島の場合は、船便等のスケジュールにより、訪問日が変動することがあります。

7.サービス提供会社への委託

  • 当社は、本サービスの全部または一部をサービス提供会社へ委託する場合があります。また、委託する場合は、本サービスを提供する目的で、お客様に関する情報をサービス提供会社に必要な範囲で開示します。
  • 出張修理における客様からの修理サービス料金の受領も同社に委託します。

8.保証期間に基づく修理

正しいご使用のもとで、保証期間中に故障した場合、保証規定に沿って無料修理をします。保証期間内でも次のような場合は、有償修理または、有償点検となります。

  • 製品保証書、または販売店の購入時に受領される保証書がない場合。
  • 製品のご購入を証明するレシートなどの証明書がなく、保証書にも所定事項の記載がない場合。
  • 保証書にお買い上げ年月日・お客様名・販売店名の記入がない場合、または字句を書き換えられた、または記載内容が事実と異なる場合。
  • 所有者の変更が当社の製品番号履歴等のデータより判明した場合。(中古品購入等)
  • 棚、鍵などの消耗品または付属品。(ただし、材質上、製造上の瑕疵は含みません)
  • 表面的な損傷の場合。(傷、へこみ、汚れなど)
  • 一般家庭以外(例えば業務用など)で使用された場合の故障または損傷。
  • 使用上の誤り、または不当な修理や改造により故障・損傷。
  • お買い上げ後に落とされた場合などによる故障・損傷。
  • 火災・公害・異常電圧・定格外の使用電源(電圧、周波数)、および地震・雷・風水害・ガス害( 硫化ガスなど)・塩害その他天災地変など、外部に原因がある故障・損傷。
  • 車輛・船舶に搭載された場合に生じる故障・損傷。
  • お客様にて準備された温度計と庫内表示温度に差があり、点検の結果、通常動作の範囲と判断された場合。
  • 消耗部品(パッキン、電球等)の交換および仕様変更(外部指定部品の取付、改造等)

9.保証期間と保証箇所

  • 保証期間は、最初の納品日より起算されます。保証期間を過ぎたものや、対象外の箇所は有償にて修理を受付いたします。
  • 修理対象機器の同一の箇所に同一の故障が発生した場合には、修理を完了した日から90日以内にお客様からのお申し出があった場合に限り、再修理料金は無料となります。
  • 前号の再修理扱いになるか否かは、当社にて判断させていただきます。

10.代替機種

対象機器の修理期間中、代替機器類の提供などは一切いたしません。

11.修理作業・点検費の徴収・製品交換時の注意

  • 修理作業前に表面上の瑕疵はすべて事前申告をお願いします。修理作業後に申告された表面上の瑕疵は免責となります。
  • 訪問点検を申込され、修理を実施しない場合、保証期間であっても出張料と点検料を申し受けします。
  • 修理訪問時にご申告不具合が確認できない(症状が再現しない)場合、または点検により不具合と認められない症状は、保証期間内であっても有償となります。
  • 修理時の内容物の取り出し、製品の移動等はお客様にてお願いします。製品を移動できずに修理不能の場合でも、出張費はご請求させていただきます。
  • 取扱説明書に沿った使用でない場合必ず事前に申告ください。訪問時に保証規定、取扱説明書に反する使用方法が確認できた場合、保証期間内であっても修理は有償または修理不能となります。
  • 製品交換は、修理不能との当社判断により修理に替えて対応させていただきます。製品交換品は、再修理品等お使いの製品と同等の製品に替えさせていただく場合があります。
  • 製品交換に際し、カウンター越え、クレーン搬入、建物作り付け家具への設置など、2名以上の人員が必要な場合、または特別な付帯作業が伴う場合の費用はお客様にご負担いただきます。
  • 製品交換時は日付指定のみ可能です。時間指定をご希望のお客様は別途料金をお見積りさせていただきます。
  • 廃家電がある場合は、予めご申告ください。家電リサイクル法に基づいた廃棄についてご案内いたします。

12.料金体系

出張修理、点検の料金は下記の内容で構成されています。

  • 出張料… お客様のご自宅または指定場所へ修理技術者訪問するための料金です。訪問後に修理をキャンセルされる場合でも出張料を申し受けします。また、点検の結果、修理対象機器に異常がない場合も、出張料をご負担いただきます。
  • 点検料… 対象機器について修理料金を見積もるための診断料金です。修理実施時は技術料に含まれます。修理対象機器に異常がない場合、点検料をご負担いただきます。
  • 技術費… 故障した製品を正常に戻すための修理の作業料料金です。
  • 部品代… 修理に使用した部品代金です。
  • 廃棄料・収集運搬料金… 製品を引き取る場合に申し受けすることがあります。
  • その他… 離島や遠隔地への出張料の実費を申し受けします。

13.サービスの範囲、その他

  • 業務用で使用される場合、製品保証は免責となり、保証期間中でも修理は有償にて承ります。(PRO CLASSシリーズは除く)業務用でのご使用を想定されている飲食店、酒販店などのお客様は、 厨房設備メーカーや保守サービス提供会社に事前相談ください。別途保守契約を締結することで、製品の保証を受けられることがございます。
  • 修理は、当社指定のサービス提供会社で実施いたします。お客様、またはお客様指定業者へ部品を供給するサービスは実施していません。
  • 修理時に交換した故障部品はお返ししません。お客様は、当該部品の所有権を放棄するものとします。また、部品の回収はサービス提供会社が行います。回収した部品は、再生部品として再生処理を行う場合があります。
  • 訪問前の事前調査のため、画像や音声データの収集と記録のご提供をお願いすることがあり、これにご協力いただけるものとします。
  • 修理内容の詳細説明や不具合の原因分析等、お客様への報告義務は負わないものとします。
  • 修理、交換に際し必要な電気、水、燃料、資材等および作業スペース等を無償にて使わせていただきます。

14.キャンセルについて

  • 修理担当者がお伺いするまでに、当社にキャンセルを申し出られた場合、料金はかかりません。
  • 訪問後のキャンセルや、お客様ご不在により出張修理を実施できない場合には、出張料をご負担いただきます。また、当社の責に帰さない再訪の場合、再度出張料を申し受けします。
  • 修理実施後のキャンセルはできません。修理に関わる全ての料金を申し受けします。

15.お支払

  • 料金のお支払いは、原則、クレジットカードまたは、銀行振込による事前決済となります。
  • 修理費の「後日請求書支払い」または、「作業完了時の現金支払い」も承ることができきますが、ご希望に添えないことがございます。
  • 領収書につきましては、当社は、またはサービス提供会社へご用命ください。
  • 販売店が独自に定める延長保証(保険)に加入されているお客様は、当該販売店にご相談ください。
  • 点検訪問の際、保証期間内であっても事前決済をお願いすることがあります。訪問後に不具合が確認できた場合、 ご返金いたします。

16.完了と署名

修理の完了後、お客様に修理対象機器をご確認いただき、サービス提供会社所定の書面にご署名いただいた時点で修理完了とします。

17.補修部品の保管

補修部品の保有期間は修理対象機器毎に定めています。補修部品の当該期間が経過している修理対象機器については、修理サポートの提供をお断りすることがございます。

18.反社会的勢力の排除

お客様には、自らまたはその役員もしくは実質的に経営を支配する者が暴力団、暴力団構成員、暴力団関係企業もしくは関係者、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、準暴力団又は準暴力団構成員等その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という)でないこと、および今後も反社会的勢力に属さないことを証明・保証いただきます。当社はかかる事由が生じた時点以降、何らの催告または通知を要することなく、本サービスの提供の全部または一部を中止できるものとします。

19.お客様の行為

次のようなお客様の行為が確認できた時点以降、お客様へ口頭または書面による通知をして、本サービスの提供または一部を中止できるものとします。

  • 当社従業員、またはサービス提供会社従業員に対して脅迫的、誹謗中傷を含んだ言動をすること、暴力を用いること、もしくは当社または、サービス提供会社の名誉・信用を毀損する行為を行うこと、または偽計または威力を用いて当該サービス業務を妨害すること
  • 反社会的勢力である第三者をして前号の行為を行わせること
  • 再三再四に渡り、本規定外の項目を要望すること
  • 当社機密事項、機密情報の開示を要望すること
  • その他当社が通常業務に差し支えると判断した場合

20.通信手段

お客様の個人情報管理、システムによる不具合判定をしている観点から、当社の修理サービスは専用フォームとメールを主としています。お電話やFAXでの通信をご希望の場合承ることも可能です。 ただし、本規約の範囲を超えるご質問、ご要望等が含まれる場合、事前調査にご協力いただけない場合等は、お電話での対応をお断りしています。

21.サービス提供の代理

当社にて必要と判断された場合、本サービスの提供または一部を何らの催告または通知を要することなく、当社の提携する代理人、または代理会社へ委託する場合があります。

22.個人情報の取り扱い

当社による個人情報の取扱は、個人情報の保護に関する法律および当社の定めるプライバシーポリシーに従います。

23.規約の改定

  • 本規定および、保証規定は当社判断にて改訂される場合があります。
  • お客様が修理、点検等の申込を当社にされた時点での規約が、当該修理対応並びにそれ以前の修理サポートにつき適用されます。
  • 本規約に定めのないものは別途協議の上、これを決定するものとします。

24.損害賠償

  • ワイン等内容物の保証、床材等、製品の動作以外の特別損害および間接損害は、一切を免責とさせていただきます。
  • 本規約に定める事項並びに当社過失を除き、お客様に生じた逸失利益、第三者からの損害賠償請求、対象機器の故障・不具合などにより当該機器を使用できなかったことによる損害等は、当社では一切責任を負わないものとします。
  • 当社の故意または重過失による場合を除き、当社の過失に伴い、お客様への損害賠償を行う場合も、当該対象機器の価値に相当する額を上限とします。但し、価値とは減価償却後の残存価値、または損害発生時の同等機器の実売価格を基準として算出するものとします。

25.合意管轄

本規約に基づく権利の行使および義務の履行に関しては、日本法が準拠法として適用され、本規約から生じるさくら製作所株式会社との紛争については当社の本社所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所をそれぞれ第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

26.本サービスの停止、中断

当社は合理的な判断やその他やむを得ない事情により本サービスの提供を停止あるいは中断することがあります。 その場合、お客様に対して本サービスの中断に伴う損害等の一切は免責とさせていただきます。


改定日:2020年10月1日

上に戻る