ZERO Advance ZERO Advance

SA38-B

インテリア性と完璧な温度管理を両立した新シリーズ

OVERVIEW最高レベルの温度維持性能の搭載により
日本酒の保管に最適なセラーを実現しました

2温度管理タイプのワインセラーは、さくら製作所が初めて開発した機能です。最高レベルの温度維持性能を搭載していることに加え、上室と下室ともに0℃に設定し、一升瓶と4合瓶に分けて使えるようになりました。これまででもっとも日本酒の保管に適したモデルです。

POINT 1滑らかで光沢感の高いトップガラスにより
まるで家具のようなインテリア性を持ったセラーです

ツヤ感を高めた黒ガラスを使用しています。プロ仕様に設計したPRO CLASSシリーズをベースにした、凹凸が少なく光沢感の高いトップガラスは、ワンランク上の質感を感じさせます。

POINT 2断熱性能を向上させたLow-Eガラスの搭載により
冷気を逃さずに消費電力を抑えます

Low-Eガラスを2枚も使った贅沢な3重ガラスドア。全シリーズのなかで、もっとも断熱性の高い扉です。大幅な省エネ性に貢献するだけなく、製品の静音化にも寄与する高機能ドアです。
Low-Eガラスについて

POINT 3ボディの断熱力が格段に向上し
年間の電気代は約5,000円ほどです

ドアに加えて、ボディの断熱力も格段に向上しました。これまでの製品に比べてもっとも高いエネルギー効率により、ワインを熟成することができます。1本のワインを熟成するのに必要な電気代は、ひと月当たりわずか11円ほどです。

筐体構造について

※年間の電気代は約5,000円となり、38本収納時の計算です。

POINT 4 新冷却システム「Slow and Stop Flow」
駆動時の体感騒音を30%ダウンし、
最大で10%の無音状態を作ります。

断熱力が高い筐体のおかげで、冷気循環用のファンを止めることが可能になった新しい冷却システムを搭載しました。その結果、運転時間の10%はコンプレッサーもファンモーターも動きません。だから無音です。(特許第6564972号)
>Slow and Stop Flowについて

※設定温度や外部環境により、無音になる時間は変わります。
※外気温約25℃、設定14℃の場合の比較測定結果。
※上室と下室の両方のファンの動作を平均化して示した図。

POINT 5最小クラスの設置面積でありながら
38本を収納可能なコンパクトモデルです

一般的なワインのフルボトルを38本収納できます。ボトルの丸み合わせて内箱を成型する技術で、最小クラスの設置面積に、大容量化を実現しました。2つのボトルが近い距離で収納されるので、液体の比熱特性が生かされ、満タンにしたときほど省エネ効果を発揮しやすい特徴をもっています。

最大収納本数は、一般的なボルドーやブルゴーニュワイン(高さ300㎜×直径82㎜程度まで)のボトル換算です。

POINT 62温度式のツイン冷却 設定可能な温度は0℃~22℃
ワイン・日本酒以外も保管できるマルチな機能

従来の製品ラインナップのなかでは、もっとも広い範囲で温度を選べます。最低温度は0℃、最高温度22℃。1度刻みで温度設定できます。Smart SB38から進化したのは、下室も0℃まで設定できるようになったことです。

他にもワインを美味しい状態に保つ独自機能があります

ZERO Advanceシリーズは、ワインの温度を均一に保つための特許技術や冷却機能を維持しつつ静音化を実現するなど独自の機能が搭載されています。私たちのこだわりをご覧ください。

SPECIFICATION仕様

シリーズ名 ZERO Advance
型式名 SA38-B(ブラックガラス)
JANコード 4589953360301
扉カラー ブラック
ボディカラー ブラック
価格帯(税込) 109,000円
収納本数(ワイン) 38本(上室16本 下室22本)
収納本数(一升瓶) 11本(上室6本 下室5本)
ビールの保管
温度管理の種類 2温度
設定温度 上室0-22℃ 下室0-22℃
長期熟成湿度
(平均60%以上)
年間平均湿度60%以上
乾燥期の湿度維持
外形サイズ(mm) 幅390×奥行530×高さ1165
設置に必要な放熱寸法(mm) 左20 右20 高さ50
背面不要 ※ビルトイン使用は不可
冷却能力の高さ 非常に高い
冷却制御方法 バンクショット冷却(特許)
霜取り方法 ヒーター制御
操作ボタン タッチ式
静音性 非常に高い
低外気温時(寒冷地)
での断熱性能
非常に高い
温度表示 液晶(暗転モード付)
日本酒の保管
日本酒の低温貯蔵
(5℃未満)
有効内容積 104L(上室45L + 下室59L)
定格電圧(V) 100
定格周波数(Hz) 50/60
冷凍機の種類 密閉型電動圧縮機(コンプレッサー)
冷蔵庫の冷却方式 冷気強制循環式
電動機の定格消費電力(W) 104/119
年間消費電力量(kWh/年) 182/186
年間の電気代目安 約5,022円
電源コードの長さ 約1.8m
庫内灯 LED灯
扉の構造 3層ガラス(強化ガラス+遮熱Low-E+断熱Low-E)
扉の断熱性能 非常に高い
ドア開放時のアラーム
UVカット
扉の開き 右のみ
棚の仕様 木目塗装モール+ワイヤー
付属棚の枚数 棚大:7枚 棚小:3枚
スライド棚 ×
棚間隔の調整 ×
斜め置き(別売オプション) ×
ドアロック(鍵) なし
冷媒名称 R600a
断熱発砲ガス シクロペンタン
質量 49kg
その他の付属品 転倒防止金具(取付済) 取扱説明書 兼 保証書
保証期間 冷媒回路3年 本体1年 ガラス6カ月(家庭用)
電安法上の技術基準

免責事項についてはこちらをご覧ください。

QUESTIONご購入前によくある質問にお答えします

  • ビルトインで使用可能ですか?

    ビルトインでは使用できません。冷却不良や水漏れ、異音などの原因となります。特に、木枠などで囲って使用される場合、放熱スペースを確保していても、駆動音が大きく聞こえてしまいます。こちらもご確認ください。

  • 太いボトルや長いボトルは収納可能ですか?

    ボトル直径90㎜程度のボトルは収納できます。ボトルの高さは330㎜程度までが収納できます。収納本数換算は、ボルドーボトル(H300㎜×φ75㎜)とブルゴーニュボトル(H300mm×φ82㎜)を半々くらいに収納したもので、ボトル直径や形状によって減ることがあります。

  • ワインセラー本体が熱くなることはありますか?

    表面温度が50℃~60℃くらいになることがありますが、これは正常な運転です。ワインセラーは、冷蔵庫と同様、熱を外に逃がすことによって庫内を冷却します。そのため、冷却運転時には両側面および天板部分が熱くなります。
    放熱温度が高くなるのは、外気温が25℃以上ある場合、設定温度が低い、または、冷却初期や常温のワインなど入れた場合などに見られる現象です。製品の仕様ですので安心してご利用ください。

  • コンプレッサーのフェイルセーフ機能はありますか?

    搭載されています。コンプレッサーには異常電流や温度上昇が起きた場合に強制停止する「保護器」が付いています。このほか、コンプレッサーの運転時間制御、エラー感知機能、ドア開閉感知(一部機種にはない)、部品格納部の材質などを駆使して、複合的に安全性を高めた機能としています。

  • 製品から動作音はしますか?

    コンプレッサーやファンモーター、冷媒流音の音が発生します。日中より夜間、リビングより寝室など、周囲の暗騒音が相対的に静かな環境に製品を設置すると、動作音が大きく聞こえてまいります。音に敏感な方は設置場所を再検討するか、購入を控えてください。

  • 就寝時に動作音が気になりますか?

    寝室でご使用されることを想定した製品ではありませんので、寝室での使用は動作音が気になることもあると思います。また、就寝時間帯などの夜間は、周囲の暗騒音も低く静かになります。そのため、ワインセラーの動作音は夜間のほうが大きく感じられます。

  • 酷暑の時期にもきちんと冷却するか心配なのですが?

    一部の機種を除き、酷暑のような気温も想定した仕様なので、夏でも安心してご使用いただけます。ただし、外気温5℃~30℃の間でご使用ください。

  • 日本酒は何度くらいで保管すれば良いですか?

    日本酒の保管は0℃~3℃をお勧めしています。より低い温度であるほど、熟成のスピードがゆっくりになりますので、長く鮮度を維持することができると言われています。一方、5℃以上で熟成を進める保管を好まれる方もいらっしゃいます。弊社の製品を使うと様々な温度で日本酒を楽しむことができます。

  • 製品の内径寸法を教えてください。

    製品寸法の詳細は、承認図面にてご確認ください。承認図面は、こちらからダウンロードいただけます。承認図面に掲載されていない寸法は公表しておりません。

  • ペットボトルや缶飲料は何本くらい入りますか?

    各機種によって異なりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。また、缶飲料やペットボトルについては、縦置きで容積いっぱいに収納することができないものがございますので、予めご確認お願いいたします。具体的な収納本数についても、ボトル形状などで変わってまいりますので、弊社からは収納本数を開示しておりません。ご了承ください。

上に戻る