ZERO CLASS

ZERO CLASS

「0℃」にできる冷却性能でワインの長期熟成と日本酒の保管もできる万能セラー

FEATURES

温度を「0℃」にも保てるほどの冷却性能により
ワインの長期熟成と日本酒の保管もできる万能セラー

ワインの熟成に適した14℃前後温度。ワインの液体温度を完璧に管理しようと考えたとき、空気を冷やすだけの制御方法では足りないことがわかりました。空気を一定にするよりも液体を一定にするほうが何倍もの冷却パワーが必要だからです。しかし、高い冷却能力を備えたセラーを作っても、次にはその冷気を庫内に閉じ込めておく強靭な筐体を作る必要があります。0℃を実現できる冷却性能は、ワインの長期熟成や日本酒の保管にも利用できる万能セラーです。

POINT 1

液体温度のブレを最小限に抑える特許技術により
日本酒も劣化させることなく保管できます

日本酒は、ワイン以上に温度に敏感なお酒です。しかも、生酒など種類によっては低温管理が必要なものもあります。0℃の低温にすると、少しの扉の開閉や霜取り時のヒーター動作で液体温度がすぐに上がってしまうという欠点がありました。ZERO CLASSは、冷却配管の温度によって霜取り動作が変わっていく特許技術で0℃の液体温度のブレも最小限に制御し、日本酒の品質を保つセラーとしても使用できます。

POINT 2

ワインの熟成に適した14℃程度の液体温度は
これまでにないほど圧倒的なレベルで一定に保てます

機械的なセラーによるワイン管理の欠点は、1日に何度も発生する冷凍サイクル時の液体温度の変化です。ほぼ毎時間温度変化が発生し、それが何年も繰り返されます。さらに、庫内で温度差が異なるため、本当は何度で管理できているのかもわからない。ZERO CLASSシリーズであれば、ワインの液体温度をほぼ完ぺきに一定にできるため、長期間の熟成はもちろん、飲み頃の適温で保管する冷蔵庫としても使用できます。

POINT 3

さらに向上した静音性。ノイズを吸音する発想で
体感する駆動音を下げることに成功しました

ワインセラーから発する騒音のうち、ノイズとして認識されるのは、モーターの駆動音です。その一つは、コンプレッサーの運転音。もう一つは、ファンモーターの回転音。コンプレッサーの運転音は、防音室に使用される特殊な吸音材を付けることで、ノイズレベルを低下。ファンモーターの回転音は、より高性能な国内メーカー製のユニットを搭載することで、大幅に清音化を実現しました。

POINT 4

0℃を維持するために設計したガラス扉は
UVカット率99%と約15%の平均湿度保持を実現しました

0℃を維持するためには、ガラス扉の高性能化は欠かせない要素。一般的な住宅が窓ガラスから熱が入るのと同様に、セラーも「ガラス」からの熱侵入により、冷却に大きな影響を及ぼします。ZERO CLASSシリーズは、ワインがより快適に暮らせるように、住宅技術にも使われる遮熱対策ガラスを採用しています。その結果、UVカット率99%を実現しました。冷気を密閉することで、ロスを減らす構造により、これまでより約15%平均湿度が保持できるようになりました。

上に戻る