CHOOSE A WINE CELLAR

ワインセラーの正しい選び方

デザインや価格だけでワインセラーを選んでいませんか?

ワインセラーの正しい選び方のイメージ

POINTS初めてワインセラーを選ぶときの5つのチェックポイント

ワイン好きが集まる当社は、セラーの設計や開発、製造に必要な知識があるという点においては、他の誰よりも熟知していると自負しています。巷にあふれているワインの保管に関する情報は誤ったものが多いので、根拠をもって正しい知識をお届けします。

CHECK 01 湿は適切にできるか? ワインの品質を維持して美味しく飲むためにはきちんと温度管理ができる性能を持った製品を選びましょう

独自制御を搭載したコンプレッサー式のワインセラーは、高い冷却力を誇り、稼働時間が短くなるよう設計しています。言い換えると、ペルチェ式のような冷却性能の劣る製品は、目的温度に達しないものありフル稼働を続けます。部品の耐久性を考慮してもコンプレッサー式をおすすめします。

CHECK 02 冷却効率を下げないか? 冷却効率を下げないためには、保管したい本数よりワインを積み上げずに保管できる
ワインセラーを選びましょう

ワインボトルの上にさらに積み上げて収納する。この方法だと、より多くのワインを収納することが可能ですが、ワインを取り出すことの利便性も悪く、適切な温度でワインを保管することが難しくなります。そして、それはとても危険なこと。扉を開閉する時の内圧で瓶が滑り落ちてくることがあるためです。

CHECK 03 どこまでを考えた製品なのか? 均一な温度維持性能を損なわないことを前提にセラーの静かさを追求している製品を選びましょう

コンプレッサー式の駆動音よりも、ペルチェ式の放熱ファンのほうがうるさいことがあります。あるいは、冷気循環用のファンを取り除いたセラーでは、均一な温度維持性能が損なわれることもあります。温度維持性能を最高レベルで実現し、かつ音が静かなセラーをおすすめします。

CHECK 04 に応じた大きさか? スタイリッシュなインテリア性と同時にコンパクトで収納性が高い製品を選びましょう

ワインセラーのインテリア性も重要な要素です。似たような外観の製品でも、ガラスの光沢感やドアフレームの質感、ボディの堅牢性、ライトの色などさまざまです。日本の住宅事情も考慮して、省スペースでありながら多くのワインを収納できるかも選定にあたり重要なポイントです。

CHECK 05 年間電気使用料金を抑えるか? 毎日使うものだから、年間消費電力と測定条件で電気代の違いを把握しましょう

「定格消費電力 100W」などの表記で電気代は測定できません。電気代は、「消費電力量」で表記されます。製品ラベルや仕様に、消費電力量の記載がない製品は、実際の電気代が高くなる傾向があります。電気代を比較する場合には、JIS基準などの「測定条件」と、それに基づく、「消費電力量」を確認しましょう。

QUESTIONご購入前によくある質問にお答えします

  • ペルチェ式とコンプレッサー式はどちらがいいのですか?

    コンプレッサー式をおすすめしています。ペルチェ式と比べて冷却能力が高く、省エネ性能に優れています。また、よく心配されるコンプレッサー式の振動ですが、防振処理を施してありますので、ワインの熟成に悪影響を与える心配はありません。

  • 長期熟成をしたいのですが、どのセラーを購入したらいいのでしょうか?

    さくら製作所の製品であれば、すべての製品が長期熟成用に利用していただけます。

  • 製品の耐用年数はどのくらいですか?

    家庭用の冷蔵庫と同程度の5~10年程度を想定しています。設置環境や使用状況、個体差などにより異なりますので、あくまで目安としてお考えください。機械製品ですので、どうしても不具合が発生してしまうケースもありますが、一定期間はメーカー保証をつけており、サポート体制も整えています。

  • どこでワインセラーを購入できますか?

    家電量販店や各インターネット販売店、厨房機器の取扱業者(ホシザキ、サンデン、マルゼンなど)にてご購入いただけます。購入金額につきましては、購入店にご確認いただきますようお願いいたします。展示・販売店を見る

  • 購入する前に、実際の製品を見てみたいのですが。

    家電量販店の店舗にてご確認いただけます。展示機については展示・販売店ページをご確認ください。実際の展示状況につきましては、訪問前に販売店にご確認いただきますようお願いいたします。展示・販売店を見る

上に戻る