SUPPORT SYSTEM

保証とサポート体制

全国ネットのサポート体制

ワインセラーメーカーとしては、国内でもっとも広域(当社調べ)の修理ネットワークを構築しています。万一のトラブルの場合には、全国90箇所以上の修理拠点から出張修理に伺います(引取修理も可能です)。また、出張修理に伺うまでにお待たせする日数も国内の有名家電メーカーと大きく遜色ない素早さ、修理技術で対応しています。万一のトラブルでも、できる限り最大限のサポート体制を整えていますのでご安心ください。

詳細は保証書をご参照ください。

製品の保証について

私たちの製品を長く安心してお使いいただくため、製品の基幹機能である冷却を司る冷媒循環回路とその他の部品でメーカー保証期間にそれぞれを設定しています。保証期間については「保証期間・修理対応」からご確認ください。保証期間内で、私たちがお約束した使用条件内での故障につきましては、保証規定に基づき、対応させていただきます。

また、それ以外の場合は、有償にて修理・交換いたします。

免責事項については、こちらをご覧ください。

ワインセラーは、1点ずつ手作りで組み上げている工程があり、厳密には個体差の出る部分があります。 製品の品質には細心の注意を払っていますが、ワインセラーの使用に影響しない軽微なムラや傷などは、製品保証の対象外となります。返品や交換は受付けができませんので、あらかじめご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

保証規定

出張修理について

保証期間中でも離島または離島に準ずる遠隔地への出張修理をおこなった場合には、出張に要する実費を申し受けます。詳細につきましては、修理相談窓口にお問い合わせください。

出張料について

修理のお見積もり後、またはなんらかの症状の確認等で出張修理、あるいは点検をご依頼され、修理に至らなかった場合もしくは、製品が正常範囲内であった場合でも、見積料金および、出張料金は保証期間に関わらず申し受けます。

製品保証書について

製品の保証書は、「取扱説明書」の裏面にございます。ここでは、製品保証書の内容を予めご確認できるよう記載しています。製品保証書は、取扱説明書などの記載内容に沿った正しいご使用のもとで、保証期間中に故障した場合、保証規定の記載内容に沿って無料修理することをお約束するものです。保証期間中に故障が発生したときは、当社修理相談窓口または、お買い上げの販売店に修理をご依頼ください。 なお、ワインの補償など、製品故障以外の一切の責を補償するものではありません。 また、離島およびこれに準ずる遠隔地への出張修理は、出張に要する実費をいただきます。

保証期間内でも次のような場合は、有償修理または有償点検となります。

  • 本メーカー保証書、または販売店の購入時に受領される保証書がない場合。
  • 製品のご購入を証明するレシートなどの証明書がなく、保証書にも所定事項の記載がない場合。
  • 保証書にお買い上げ年月日・お客様名・販売店名の記入がない場合、または字句を書き換えられた、または記載内容が事実と異なる場合。
  • 所有者の変更が当社の製品番号履歴等のデータより判明した場合。(中古品購入等)
  • 棚、鍵などの消耗品または付属品。(ただし、材質上、製造上の瑕疵は含みません)
  • 表面的な損傷の場合。(傷、へこみ、汚れなど)
  • 一般家庭以外(例えば業務用など)で使用された場合の故障または損傷。
  • 使用上の誤り、または不当な修理や改造により故障・損傷。
  • お買い上げ後に落とされた場合などによる故障・損傷。
  • 火災・公害・異常電圧・定格外の使用電源(電圧、周波数)、および地震・雷・風水害・ガス害( 硫化ガスなど)・塩害その他天災地変など、外部に原因がある故障・損傷。
  • 車輛・船舶に搭載された場合に生じる故障・損傷。
  • お客様にて準備された温度計と庫内表示温度に差があり、点検の結果、通常動作の範囲と判断された場合。
  • 消耗部品(パッキン、電球等)の交換および仕様変更(外部指定部品の取付、改造等)

故障の状況やその他の事情により、修理に代えて製品を交換する場合があります。

修理に際しては再生部品や代替部品を使用する場合があります。

修理時に交換した部品は弊社が任意に回収の上、適切に処理、処分させていただきます。

保証書は日本国内においてのみ有効です。 This warranty is valid only in japan.

保証書の再発行はいたしませんので、紛失しないよう大切に保管してください。

万一の故障により、入庫物に損害がでても、入庫物の保証はいたしません。

家電リサイクルについて

家庭用のワインセラーの廃棄は、家電リサイクル法に基づき、排出者(お客様)の負担で収集・運搬料金、再商品化料金 (リサイクル料金)が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

上に戻る