ZERO Advance

ZERO Advance

インテリア性と完璧な温度管理を両立した新シリーズ

 

FEATURES

原点に立ち返ったインテリア性と完璧な温度管理を両立した新シリーズ

当社の設計原点に立ち返り、セラーをインテリアとして調和する外観デザインを仕上げました。さらにZEROクラスシリーズの性能よりもあらゆる点で勝り、これまで以上に完璧な『0℃』を実現した新シリーズです。

POINT 1

ガラスのクリアさを感じる透明感のある純白ガラス
木製家具にも調和するセラーです

ワインセラーの顔とも言えるフロント面の「ガラス扉」。独自のデザイン性を進化させ、ホワイトガラスが登場しました。光沢感を増した黒ガラスとクリアな純白ガラスの2色展開で、インテリアとしての調和性をアップしました。
ホワイトガラスについて

POINT 2

断熱性能を向上させた「ダブル」Low-Eガラスの搭載
冷気を逃さずに消費電力を抑えます

Low-Eガラスを2枚も使った贅沢な3重ガラスドア。全ラインアップのなかで、もっとも断熱性の高い扉です。大幅な省エネ性に貢献するだけなく、製品の静音化にも寄与する高機能ドアです。

梅雨の時期などはガラスに結露が発生することがあります。


Low-Eガラスについて

POINT 3

ボディの断熱力が格段に向上し
年間の電気代は約3,600円ほどです

ドアに加えて、ボディの断熱力も格段に向上しました。これまでの製品に比べてもっとも高いエネルギー効率により、ワインを熟成することができます。1本のワインを熟成するのに必要な電気代は、ひと月当たりわずか14円ほど(※)です。

筐体構造について

年間の電気代は約3,600円となり、22本収納時の計算です。

POINT 4

新冷却システム 「Slow and Stop Flow」
駆動時の体感騒音を 30%ダウンしました

断熱力が高い筐体のおかげで、冷気循環用のファンを止めることが可能になった新しい冷却システムを搭載しました。その結果、運転時間の10%はコンプレッサーもファンモーターも動きません。だから無音です。(特許第6564972号)
Slow and Stop Flowについて

設定温度や外部環境により、無音になる時間は変わります。

一般家庭用冷蔵庫相当の動作音は発生いたします。寝室など周囲騒音が静かな場所での使用は動作音が大きく聞こえることもあります。

POINT 5

他にもワインを美味しい状態に保つ独自の機能があります

ZERO Advanceシリーズは、ワインの温度を均一に保つための特許技術や冷却機能を維持しつつ静音化を実現するなど独自の機能が搭載されています。私たちのこだわりをご覧ください。

上に戻る