STORY

開発ストーリー

「1台で2つの温度設定ができるワインセラーを作りたい」はじまりは、ひとつのアイデアから

あるレストランでグラスワインをオーダーした際、出てきたのは少し冷えすぎた赤ワイン。スタッフにセラーの温度を確認すると「10℃」だと答えられました。その理由は、赤ワイン・白ワインともに1台のセラーで保管しておくので、白ワインの飲み頃に近い温度に設定にしておきたいということだったのです。

それならば、「1台で赤ワイン用と白ワイン用に2つの温度が設定できるセラーがあれば便利だよね」という会話をしたのですが、そのようなセラーは当時どこにもありません。なぜ作らないのか、作れないのか、さまざまなところを渡り歩き、聞き、考え、研究しました。その結果、「誰も作らないなら、自分で作ろう」と思い創業したのが、さくら製作所です。

完全2温度式のセラーを作ることから始まった挑戦は、課題の連続でした。その一つひとつに真剣に取り組むことで、新たな技術やアイデアが生まれます。その進化、成長のために日々努力しています。

STORY 01製品を2台並べられない設置環境2温度管理のセラーは省スペースが必須

2温度管理のセラーを開発するうえで、まず必須だったことが上室と下室の2つに部屋を分けること。とくに、限られた居住面積で暮らす都心の住宅事情では、「セラーは欲しいけど置く場所がない」という声が多くありました。設置スペースの課題を解決するために、上下の2温度管理タイプセラーを設計に組み入れました。

STORY 02最初に直面した課題は従来の金型技術では内箱が作れないこと

2温度セラーのプロトタイプを作りはじめて、最初に直面した課題は、内箱がとても難しいということ。従来の金型技術では、求める寸法精度が満たされませんでした。生み出したのは、一般的な家庭用冷蔵庫の内箱とは真逆の凸型の金型製作技術。技術に秀でた日本企業でも経験のない新しい金型を開発しました。細かい精度が要求される2温度管理式のワインセラーは、金型の課題をクリアするところから始まりました。

STORY 03 部屋を分けるだけで 2温度管理はできない 次に考えたのは 風を「見る」こと

物理的に部屋を2つに分けるだけでは、完全に意図した設定温度に分けることはできませんでした。その原因は「風」の流れにあります。冷却効率だけを考える従来のワインセラーとはまったく異なる風の角度や強さ、温度の特性など、さまざま条件で風の性質は変化します。唯一の解決策は、セラーの中に漂う冷気を24時間見続けること。風が見えるようになったことで、液体温度を一定に保つ新しい制御が開発されました。

STORY 04一般的な冷蔵庫とは異なる温度管理庫としての技術開発

ワイン、日本酒、クラフトビール。そのほかにも各種の飲み物には「適温」が存在します。適温をキープすることができると、飲み物の本来の味わいを発見することができます。その発見のために、製品の外観からは知ることができない、本来の機能にもっとも情熱を注いでいます。

STORY 05セラーが持つ本来の価値は液体温度を一定に保つこと

セラーに求められる本来の役割は、冷やすことでありません。ワインや日本酒の「液体温度」を一定に保つこと。それを実現するために、ガラスの特徴やドアのフレーム素材、コンプレッサー、冷却器などさまざまな角度から、最良のセラーを追求して日夜アイデアを出し合っています。たった1本のネジにも決まった役割があります。その小さな一つひとつに心血を注ぐことで、製品に心を込めています。

STORY 06温度管理庫を普及させるために私たちの追求は続いていきます

2019年3月時点で、これまでの4年ほどの間に出荷した製品は35,000台を超えました。これは、ワインに換算すると100万本を大きく超えるストックスペースです。これからは、ワインセラーにとどまらず、日本酒、クラフトビールなどの温度貯蔵、またさまざまな法人様との共同開発案件を通じて、お客さまやお取引さまに貢献できる製品、サービスの提供をしたいと考えています。

上に戻る