SAKURA JAPAN
生産終了
SAKURA JAPAN

SS46

厳格な温度管理ができる2温度管理セラー

OVERVIEWもっとも厳格に温度管理できる2温度管理タイプのセラー

ZERO CLASSシリーズの温度管理システムをベースにして、インバーターファンにより必要に応じて冷却に必要な風量を調整することで、温度維持性能をさらに高めたモデルです。他のシリーズとは一線を画す最高品質の原料を使用して、インテリアとしても高いクオリティを感じるモデルに仕上げています。

POINT 1日本をイメージしたデザインと素材により
所有欲を満たす質感を重視したシリーズです

製品のボディや扉に使う塗料面は、ワンランク上の深い黒を感じさせる最高クラスの塗装原料を使用しています。高い耐傷性を備え、紫外線に晒されても影響を受けにくい素材です。また、ガラスもこだわりの原料を使用することで、高い光沢感や透明感を維持します。扉部分では、赤の軟質樹脂をフレームに結合させる成型技術により、扉の断熱に貢献する機能と日本をイメージしたデザインを併せ持つ赤ラインです。

POINT 2技術に秀でた部品メーカーを探し回り
数十回の試作を重ねて誕生した日本製のワインセラー

日本で収穫されたぶどうで創る日本ワイン。日本ワインに倣って、日本製の部品のみで構成される日本製ワインセラーを開発しました。技術に秀でた部品メーカーを探し回ることから始まったセラーの開発。SS46は、さくら製作所の原点となる製品でもあります。数十回にも渡り試作を重ね、さまざまな設計手法や技術、製造ノウハウを考え出し、初号機として誕生した日本製のワインセラーです。

POINT 3コアテクノロジーの原点は「タフネス」
高い断熱性と軽量化を備えた丈夫な筐体構造です

ガラス扉はセラーにとって、もっとも欠かせない基幹部品です。樹脂でできた軽いドアフレームに、断熱材を注入する特別な技術により、軽さと強さを両立させています。2重構造のガラス強化仕様のLow-E複層ガラスは、内部にアルゴンガスを充填することで、3重構造ガラスより高い断熱性を持ちながらも軽量化を実現しています。

POINT 4確かな実績のある駆動部品を搭載することで
厳しい環境にも耐えられる高い信頼性を維持します

最高級のワインを長期間熟成させるための機能性とスタイルを融合させた特別なモデルです。高い信頼性を維持するために、厳選した駆動部品を搭載し、レストランなどの厳しい使用環境化にも耐えうる機能を備えています。

POINT 5日本酒とワインの同時保管を実現しました
温度管理性能はプロが使う冷蔵庫を凌駕する安定性

新開発のZEROクラスターツイン冷却機能を搭載。上室を0℃に設定することができるので、日本酒の品質は巷の酒屋さんが使うショーケースより安定した液体温度が維持できます(当社調べ)。お店並みの冷却性能で大切なお酒を品質管理することが可能です。

最大収納本数は、一般的なボルドーやブルゴーニュワイン(高さ300㎜×直径82㎜程度まで)のボトル換算です。

POINT 6冬に発売される新酒を保管して春に堪能する
日本酒の新しい楽しみ方を実現します

日本酒の一升瓶を上段に6本収納可能。0℃に設定すれば「液体温度」はほぼ0℃で管理できます。毎年12月くらいから始まる年に一度の新酒のシーズン。多くの蔵元から素晴らしい「生酒」がリリースされます。お酒の品質が維持できるセラーがあれば、春から夏にかけてゆっくりと堪能できます。

他にもワインを美味しい状態に保つ独自機能があります

SAKURA JAPANシリーズは、ワインの温度を均一に保つための特許技術や日本酒の保管にも適した制御技術を搭載しています。私たちのこだわりをご覧ください。

SPECIFICATION仕様

シリーズ名 SAKURA JAPAN
型式名 SS46
JANコード 4589953360134
扉カラー ブラック
ボディカラー ブラック
価格帯(税込) 265,000円
収納本数(ワイン) 46本(上室20本 下室26本)
収納本数(一升瓶) 12本(上室6本 下室6本)
ビールの保管
温度管理の種類 2温度
設定温度 上室0-20℃ 下室5-20℃
長期熟成湿度
(平均60%以上)
年間平均湿度60%以上
乾燥期の湿度維持
外形サイズ(mm) 幅475×奥行535×高さ1204
設置に必要な放熱寸法(mm) 左20 右20 高さ50
背面不要 ※ビルトイン使用は不可
冷却能力の高さ やや高い
冷却制御方法 New バンクショット冷却(特許)
霜取り方法 セラーデフロスト制御(特許)
操作ボタン ボタン式
静音性 やや高い
低外気温時(寒冷地)
での断熱性能
高い
温度表示 デジタル表示
日本酒の保管
日本酒の低温貯蔵
(5℃未満)
有効内容積 133L(上室58L + 下室75L)
定格電圧(V) 100
定格周波数(Hz) 50/60
冷凍機の種類 密閉型電動圧縮機(コンプレッサー)
冷蔵庫の冷却方式 冷気強制循環式
電動機の定格消費電力(W) 160/170
年間消費電力量(kWh/年) 375/391
年間の電気代目安 約10,557円
電源コードの長さ 約2.0m
庫内灯 青色紫外線カットLED
扉の構造 2層ガラス(強化仕様ガラス+アルゴンガス+遮熱Low-E)
扉の断熱性能 非常に高い
ドア開放時のアラーム
UVカット
扉の開き 右のみ
棚の仕様 ワイヤー
付属棚の枚数 棚大:7枚 棚小:3枚
スライド棚 ×
棚間隔の調整 ×
斜め置き(別売オプション) ×
ドアロック(鍵) なし
冷媒名称 R134a
断熱発砲ガス ボディ/ソルスティスLBA ドア/シクロペンタン
質量 50kg
その他の付属品 転倒防止金具(取付済) 取扱説明書 兼 保証書
保証期間 冷媒回路5年 本体1年 ガラス6カ月 (家庭用)
電安法上の技術基準

免責事項についてはこちらをご覧ください。

QUESTIONご購入前によくある質問にお答えします

  • ビルトインで使用可能ですか?

    ビルトインでは使用できません。冷却不良や水漏れ、異音などの原因となります。特に、木枠などで囲って使用される場合、放熱スペースを確保していても、駆動音が大きく聞こえてしまいます。こちらもご確認ください。

  • 太いボトルや長いボトルは収納可能ですか?

    ボトル直径90㎜程度のボトルは収納できます。ボトルの高さは330㎜程度までが収納できます。収納本数換算は、ボルドーボトル(H300㎜×φ75㎜)とブルゴーニュボトル(H300mm×φ82㎜)を半々くらいに収納したもので、ボトル直径や形状によって減ることがあります。

  • ワインセラー本体が熱くなることはありますか?

    表面温度が50℃~60℃くらいになることがありますが、これは正常な運転です。ワインセラーは、冷蔵庫と同様、熱を外に逃がすことによって庫内を冷却します。そのため、冷却運転時には両側面および天板部分が熱くなります。
    放熱温度が高くなるのは、外気温が25℃以上ある場合、設定温度が低い、または、冷却初期や常温のワインなど入れた場合などに見られる現象です。製品の仕様ですので安心してご利用ください。

  • コンプレッサーのフェイルセーフ機能はありますか?

    搭載されています。コンプレッサーには異常電流や温度上昇が起きた場合に強制停止する「保護器」が付いています。このほか、コンプレッサーの運転時間制御、エラー感知機能、ドア開閉感知(一部機種にはない)、部品格納部の材質などを駆使して、複合的に安全性を高めた機能としています。

  • 製品から動作音はしますか?

    コンプレッサーやファンモーター、冷媒流音の音が発生します。日中より夜間、リビングより寝室など、周囲の暗騒音が相対的に静かな環境に製品を設置すると、動作音が大きく聞こえてまいります。音に敏感な方は設置場所を再検討するか、購入を控えてください。

  • 就寝時に動作音が気になりますか?

    寝室でご使用されることを想定した製品ではありませんので、寝室での使用は動作音が気になることもあると思います。また、就寝時間帯などの夜間は、周囲の暗騒音も低く静かになります。そのため、ワインセラーの動作音は夜間のほうが大きく感じられます。

  • 酷暑の時期にもきちんと冷却するか心配なのですが?

    一部の機種を除き、酷暑のような気温も想定した仕様なので、夏でも安心してご使用いただけます。ただし、外気温5℃~30℃の間でご使用ください。

  • 日本酒は何度くらいで保管すれば良いですか?

    日本酒の保管は0℃~3℃をお勧めしています。より低い温度であるほど、熟成のスピードがゆっくりになりますので、長く鮮度を維持することができると言われています。一方、5℃以上で熟成を進める保管を好まれる方もいらっしゃいます。弊社の製品を使うと様々な温度で日本酒を楽しむことができます。

  • 製品の内径寸法を教えてください。

    製品寸法の詳細は、承認図面にてご確認ください。承認図面は、こちらからダウンロードいただけます。承認図面に掲載されていない寸法は公表しておりません。

  • ペットボトルや缶飲料は何本くらい入りますか?

    各機種によって異なりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。また、缶飲料やペットボトルについては、縦置きで容積いっぱいに収納することができないものがございますので、予めご確認お願いいたします。具体的な収納本数についても、ボトル形状などで変わってまいりますので、弊社からは収納本数を開示しておりません。ご了承ください。

上に戻る