ZERO Advance

ZERO Advance

ZERO Advanceシリーズの機能的な特長を詳しくご紹介します

POINT 1ワインの液体温度を一定に保ち適温をキープします

空気を冷やすセラーではなく、中に入れるワインの「」と「」がするように設計された独自の冷却機構を搭載しています。ワインの提供温度をすばやくキープすることも、長期熟成に必要な温度環境を作ることも可能なセラーです。

POINT 2完璧に近い安定的な温度環境があるので
均一の温度管理ができます

ワインの温度管理のために開発された「Bank Shot Cooling Technology バンクショットクーリングテクノロジー(特許6210571号)」です。冷気を絶妙なポイントに当て庫内全体に拡散させることでワインを均一な温度で管理することができるので、完璧に近い安定的な温度環境が得られます。

POINT 3バンクショットクーリングテクノロジーがもたらす温度環境

ワインの完璧に近い温度管理を実現しています。ワインの品質に影響しやすい短期的な温度変化を極限まで無くす温度制御技術です。ワインの液体温度変化がほとんどない一定管理できるとういうことは、意図的にゆるやかな温度変化をつけて、カーヴのようにワインを育てる環境を作ることもできるという側面も併せ持っています。

※SAB-90G上室とSB38上室での測定結果(他のZeroClassシリーズ、ZeroAdvanceシリーズも同等です)
※設定温度はどちらも14℃。庫内に保管したワインの液体温度を定常運転時に測定
※測定条件 外気27℃ SAB90G:24本収納 SB38:38本収納
※データは参考であり、保証するものではありません。

POINT 4日本酒の液体温度も安定させて品質をキープします

0℃~3℃くらいで低温保管したい日本酒は、ワイン以上に温度管理が難しく、まるで生鮮食品のように「」になお酒です。一般的な冷蔵庫よりも低い0℃をキープするために開発された日本酒保管に適した制御技術を搭載しています。

POINT 5より静音化を追求した技術

低温保持に加え、静音化に効果的な新開発の「Slow and Stop Flow スローアンドストップフロー(特許第6564972号)」です。ファンの回転をスローにすることで静音化し、さらにストップすることで無音状態を作ることができます。庫内への十分な冷気循環を損なわれないよう、再設計された筐体構造と冷却サイクルによって実現した新技術は、静音化と低温管理に効果を発揮します。

※設定14℃時。設定温度や外部環境によって振る舞いが変わります。

POINT 6冷却性能を維持して静音化を実現

静音化を追求すると犠牲になりやすい冷却性能。スローアンドストップフローは、セラーデフロスト制御と遜色のない日本酒の温度管理を実現できています。お酒の品質に影響しやすい短期的な温度変化を極限まで無くしつつ、静音化にも貢献する温度制御技術です。

※SA38上室での測定結果
※設定温度は0℃。庫内に保管した日本酒の液体温度を定常運転時に測定
※測定条件 外気27℃ SA38:38本収納
※データは参考であり、保証するものではありません。
対象機種:SA22、SA38

POINT 7新しい筐体構造は省エネにも貢献します

再設計された筐体構造は、省エネ化にも貢献します。ZERO CLASSシリーズよりも大きく改善された断熱力を持つボディ、の両面をカバーするダブルLow-Eガラスを搭載した3重構造のガラスによって、温暖な環境以外に寒冷地仕様としても高い性能を発揮します。

電気代の計算式
SA22の年間消費電力量:129/133Kwh/年、電気単価:27円×133kwh 設定14℃
SA38の年間消費電力量:182/186Kwh/年、電気単価:27円×186kwh 設定14℃

POINT 8うるおい密閉方式でもっと安定した
長期熟成が可能になりました

これまでの長期熟成用の湿度維持システム、「加湿循環方式」をさらに見直した全く新しい湿度維持性能を搭載しています。外気を取り込まずにうるおいを密閉する発想と冷凍サイクルの運転時間などの制御によって、ワインの長期熟成に必要な湿度を保つ機能です。

POINT 9冷却性能と断熱力の強さは
高外気温時の『温度維持能力』で証明します

0℃を維持する冷凍サイクルや、省エネに貢献する断熱筐体を搭載しているので、高外気温時でも温度を安定させる能力を持っています。外気温が39でも設定5を維持することができるので、ワインの保管に適した15前後の温度であれば、外気温40を超えても揺るがない温度維持能力を持っています。

※ガラスドアへの「結露」などの影響から、製品の動作保証温度範囲は5℃~30℃としています。

SA22の測定結果
※測定条件:設定温度5℃のとき、外気温39℃ 設定温度0℃のとき、外気温33℃
※庫内負荷:ワイン(750ml)を22本収納
※データは参考であり、保証するものではありません。

POINT 10パワフルな『加温ヒーター』で低外気温時も安心です

設定温度よりも外気温が低いとき、ワインセラーは冷却する必要がありません。替わって、を制御してすることで設定温度を維持する機能を搭載しています。外気温よりも最低12℃以上温度を上昇させられるパワフルなヒーターで、寒冷地や別荘地など冬期に低外気温になりやすい環境での使用も安心です。

※SB22の測定結果(他の製品の加温ヒーターも同等以上の性能があります。)
※設定温度15℃。
※測定条件 最低気温4℃ 最高気温11℃
※データは参考であり、保証するものではありません。
※対象機種:全製品

POINT 11ダブルLow-Eを搭載した超高断熱ガラスを搭載しています。

ワインセラーの50%以上の熱侵入はガラスドアからです。安定した温度管理を実現するためには、ガラスドアはキーアイテム。Zero Advanceシリーズに搭載されるガラスは、これまでで最も高い性能です。主に建材用に使われるLow-Eガラスを「遮熱用」と「断熱用」の2枚搭載した高断熱の3重構造となっています。

※UVカット率は弊社基準によります。

POINT 12ダブルLow-Eガラスは
『遮熱用』と『断熱用』の両側面をもっています。

外気の熱侵入を抑えるに加えて、庫内の冷気流出を抑えるのLow-Eガラスを搭載しています。そのため、よりガラス表面への結露を軽減し、寒冷地でも温度維持に貢献する高い温度キープ力を持ったガラスドアとなっています。

上に戻る