HYO-ON M2

M2

氷温® M2シリーズの機能的な特長を詳しくご紹介します

POINT 1日本酒の液体温度を安定させて品質をキープします

0℃~3℃、理想はさらに低いマイナスの氷温で、保管したい日本酒はワイン以上に温度管理が難しく、まるで生鮮食品のように「鮮度」に敏感なお酒です。一般的な冷蔵庫よりも低い0℃をキープするために開発された日本酒保管に適した制御技術を搭載しています。

POINT 2日本酒の品質をキープする技術があるので、
品質の劣化を防ぎます

日本酒の保管の為に開発された制御技術です。一般的な冷蔵庫などでお酒を貯蔵する場合、空気の急激な温度変化が品質劣化のリスクになりえます。冷却運転に発生する霜を画一的にヒーターで溶かすことで、ヒーターの熱により庫内が一気に温まってしまうためです。セラーデフロストコントロールは、冷却配管の温度によって霜取運転が変わる制御。霜取り時にヒーターの動作時間を最適化するので、お酒の液体温度変化を最小限に抑えることができ、品質の劣化リスクを低減します。

POINT 3ワインの液体温度も一定に保ち適温をキープします。

空気を冷やすセラーではなく、中に入れるワインの「液体温度」と「設定温度」が一致するように設計された独自の冷却機構を搭載しています。ワインの提供温度をすばやくキープすることも、長期熟成に必要な温度環境を作ることも可能なセラーです。

POINT 4完璧に近い均一な温度管理を
ワンランク上の次元に改良を加えました。

これまでのワインの温度管理に最適な特許技術、「バンクショットクーリングテクノロジー」の課題は冷気の移動距離が長くなる分風速が落ちてしまうことです。そのため、製品サイズの大型化には限界がありました。新しく開発した制御は「ディフューズショットクーリングテクノロジー」です。ファンモーターから発出する冷気の流れに着目して、冷気もっと分散させるアイディアで冷たい冷気を遠くに届かせることができるようになりました。これによって、静音性と省エネ性を両立させて大型化することが出来ました。

POINT 5ディフューズクーリングテクノロジーがもたらす温度環境。

ワインの液体温度がブレない完璧に近い温度管理を実現しています。ワインの品質に影響しやすい短期的な温度変化を極限まで無くす温度制御技術です。ワインの液体温度変化がほとんどない一定管理できるとういうことは、意図的にゆるやかな温度変化をつけて、カーヴのようにワインを育てる環境を作ることもできるという側面も併せ持っています。

※SAB-90G-PB上室とLX63上室での測定結果
※設定温度はどちらも14℃。庫内に保管したワインの液体温度を定常運転時に測定
※測定条件 外気27℃ SAB-90G-PB:24本 LX63:63本
※データは参考であり、保証するものではありません。

POINT 6セラーデフロスト制御の効果

0℃以下の氷温®で冷やした液体温度のブレも最小限に抑えるので、日本酒セラーとしても高い性能を発揮します。小型冷蔵庫と比較しても0℃をキープするだけでなく霜取り時の液体温度を安定させ日本酒をできる限り長期間保存することができるようコントロールします。

※LX63上室での測定結果
※設定温度は0℃。庫内に保管した日本酒の液体温度を定常運転時に測定
※測定条件 外気27℃ LX63:63本
※データは参考であり、保証するものではありません。
対象機種:LX63DM2Z LX95DM2Z SB22 SB38 SB51 SB75 SB103 SS46

POINT 7うるおい密閉方式でもっと安定した
長期熟成が可能になりました

これまでの長期熟成用の湿度維持システム「加湿循環方式」をさらに見直した全く新しい湿度維持性能を搭載しています。外気を取り込まずにうるおいを密閉する発想と、冷凍サイクルの運転時間などの制御によりワインの長期熟成に必要な湿度を保つ機能です。

POINT 8パワフルな『加温ヒーター』で低外気温時も安心です

設定温度よりも外気温が低いとき、ワインセラーは冷却する必要がありません。替わってヒーターを制御して加温することで、設定温度を維持する機能を搭載しています。外気温よりも最低12℃以上温度を上昇させられるパワフルなヒーターで、寒冷地や別荘地など、冬期に低外気温になりやすい環境での使用も安心です。

※SB22の測定結果(他の製品の加温ヒーターも同等以上の性能があります。)
※設定温度15℃。
※測定条件 最低気温4℃ 最高気温11℃
※データは参考であり、保証するものではありません。
※対象機種:全製品

POINT 9真空断熱ガラスなので、
これまで最も優れた断熱性能です。

高性能なダブルLow-eガラスよりもさらに断熱性能の高い真空断熱ガラスを搭載しました。ダブルLow-eガラスよりも10%以上も省エネ効果を発揮し、ほぼ100%近くまで紫外線の侵入を防ぎます。さらに、高い断熱性によってガラス表面への結露リスクも大幅に軽減できるようになりました。

上に戻る