新しく開発したテクノロジー。
日本の技術が支えています。

50%と44%の「静音化」

新開発  サイレント・セラー・テクノロジー搭載
Silent Cellar Technology

「サイレント・セラー・テクノロジー」は、独自の効率的な冷却サイクル技術と制御開発によって実現したワインセラーの静音化技術です。同じコンプレッサーでも、ZERO Classシリーズはより静音化を実現しました。

また、製品騒音の要因となるコンプレッサーとファンモーターの体感駆動音も、防音室などに使用される特殊な吸音材を使うことで、さらに静音化されています。

コンプレッサーからの体感騒音 約50%静音化

もっと「静かになった」ファンモーター

新しい製品に搭載されているファンモーターは、これまでより大幅に「静音化」された国内メーカー製の高性能ファンモーターに変わりました。

ZERO CLASS Smartは静かさ44% DOWNZERO CLASS Premiumは静かさ70% DOWN        

ワイン集めがもっと楽しくなる

全5機種、ワインのボトルが絶妙に近い距離を持って保管され、「液体」の保冷効果をワインに伝えやすくする内箱。だから、満タンにしたときほど、省エネ効果を発揮しやすくなっています。

新開発の内箱。ボトルフィットのくぼみ

製品の内箱をワインのボトルが納まるように、特別な形に成型しています。「ボトルフィットのくぼみ」です。たった1枚の樹脂の板から、「真空成型」という技術で作っている内箱。
きちんと成型できるところまで、金型を何度も試行錯誤して完成した、ワインセラーのための特別な内箱です。

※SB75とSB103は適用外。

特別な技術を用いた真空成型の内箱(SB22/SB38/SB51)※意匠権取得済み

「最小」のサイズに「最大」の収納本数

ボトルフィットのくぼみのおかげで、B22/SB38は、これまでと同じ横幅380mmを維持したまま1段の棚に収納できる4本になりました。たった少しの寸法でも、そこに設置できない人が居るので、徹底的にこだわった横幅380mmです。

冷却性能を支える3つの要素

1. ヒーターとダブル温度センサーを駆使した新しい制御

一部屋に2つの温度センサーを搭載して、コンプレッサーの運転や、ヒーター、冷凍サイクルを緻密に制御。基盤上に搭載するパワーリレーなど、部品の性能も格段に向上。日本や海外の大企業が製造する部品をテストして、選定しています。

制御イメージ
2. ワインセラーの心臓部  コンプレッサー

ZERO CLASS Smart(SB22/SB38/SB51)は、冷蔵庫でも、シェアや実績の高い「日立アプライアンス社」製の圧縮機を搭載しています。 ZERO CLASS Premium(SB75/SB103)はさらに高性能の圧縮機を搭載しています。
冷やすための「冷媒」と呼ばれるガスを、いつも製品の中で循環させる、ポンプの役目を果たします。そんな重要な部品だからこそ、これまでより緻密な温度制御プログラムに耐えうる、高い信頼性と耐久性が求められます。

ZERO CLASS Smartは冷却性能 30%UP ZERO CLASS Premiumは冷却性能
3. 冷却の効率化に貢献する「銅の放熱パイプと冷却装置」

冷媒が通るパイプを「アルミ」から「銅」に変えました。
銅のほうが約70%ほど高い熱伝導率を持つため、冷媒管に最適。 曲げやすく、耐久性が高いなども特性があります。冷却装置のフィンは、アルミニウム。アルミは、長期的に結露させて運転する際、腐食性に強い特性があります。
つまりは、いいところ取り。これは、エアコンなどの熱交換器にも使われている基本技術です。