さくら製作所株式会社 ファニエル ワインセラー
Full Spec Wine cellar FURNIEL
ファニエル
ファニエル ワインセラー SMART CLASS SAB-50G/SAB-90G

12本収納  
全機種メーカー保証5年 ファニエル ワインセラー SAB-50G(PB)
ファニエル ワインセラー SAB-90G(PB) 2温度管理 24本収納
 カタログダウンロード

家屋面積の狭い日本の住宅事情に合わせてゼロから設計された、まったく新しいワインセラー、それが“FURNIEL”の『SMARTCLASS』です。コンパクトボディにワインの長期熟成を実現するフルスペックを搭載。さらに、パワフルで省エネ効率の高いハイブリッド型冷却方式、すべてのボトル形状に合わせた収納設計、しかも最小クラスの設置スペース。今までにない、コンパクトセラーの完成形がここにあります。

クラスターツイン冷却は、SAB-90G独自のプレミアム機能です
SAB-90Gは上下個別に温度管理が可能です。
それぞれ部屋を5〜20℃のお好みの温度で設定することで、例えば、一方を短期保存用、もう一方を長期熟成用と分けて使うこともできます。上下それぞれの部屋に以下の多彩な機能が搭載されています。

① 冷却効率に優れた「アルミフィン冷却器」 
② 温度・湿度の安定に欠かせない「空気循環ファン」
③ もしもの時に心強い「ダブル温度センサー」
④ 冬場などに温度を持ち上げる「加温ヒーター」
⑤ 省エネでも明るい電球色「LED庫内灯」
⑥ 冷却力を維持する「自動霜取機能」

それぞれの機能とメリットを効率よく連携させた「クラスターツイン冷却」。1台のワインセラーに2台分の機能が入ったまったく新しいワインセラーです。
※1台のコンプレッサーから電磁弁により冷気を分けています。

クラスターツイン冷却
設定温度や周囲環境によって、庫内の温度が3℃~4℃程度、上下で差が出る場合があります。
日本酒・焼酎などの一升瓶の保管に
上の部屋の棚を全部抜くと日本酒や焼酎の一升瓶が立てた状態で8本収納可能です。焼酎や日本酒にも保管に適した温度・飲み頃温度があります。日本酒、焼酎の逸品を大切に保管する場合にも最適です。
※日本酒を保管するときは、定期的な瓶の乾拭きをお願いします。
  一升瓶の保管にも

SAB-90G(PB)の技術・アイデア
冷却器を2個(クラスターツイン冷却)搭載して、上下個別に温度管理できるSAB-90G(PB)。 この1台に「2温度管理 、静音化、温度と湿度維持、省スペース化、省エネ化」のすべてがリンクしています。 これまで、多温度管理のワインセラーは庫内容積が300Lを超える大型タイプのワインセラーしかありませんでした。
「完全に上下個別に管理できる2温度帯セラー」
それをさらに小型化し、庫内容積を100L程度に収めるには、今ある技術を理解し、そこに創意と工夫を加えたオリジナルのアイデアや技術開発が必要でした。
創意と工夫
その1 静音化 (実用新案登録第3199815号◆特許申請出願中)
設置面積を小さくして縦に長く伸ばしただけの形だと庫内の上下に大きな温度差が出てしまいます。この「庫内の上と下の温度差」を小さくするためには、風量の大きいファンが必要です。しかし、大きなファンは、音が大きくなる「騒音の問題」がありました。小さなファンで風量を十分に庫内に循環させるには、庫内容積を小さくしなければなりません。つまり静音化と温度差を考え、1部屋あたりの容積を小さくして2部屋にすることで、2温度管理機能が生まれました。
庫内容積の図解写真 1部屋と2部屋
その2 冷却器 (実用新案登録第3199815号◆特許申請出願中)
庫内容積を小さくすると、従来の冷却器では大きすぎるので、冷却器も小さくしなければなりませんでした。しかし、ただ単純に小さくするだけでは「冷却力」が落ちてしまいます。そこでSAB-90G専用の小さい容積に合う、小さくて冷却面積の広い冷却器を開発しました。冷却器は、小型でパワフルなフィンタイプを採用。小型セラーに採用されている 従来型のロールボンド式冷却器と比較して、大きさ(面積)はわずか4分の1程度。
しかしその冷却面積は「約3倍」もあります。 (※90Lクラスのワインセラーと比較。当社比)※SAB-50G(PB)にも同じ冷却器を搭載しています。
フィン冷却器とロールボンド式冷却器の比較イラスト
その3 温度・湿度の安定
庫内の上下温度差を最小化するためには空気循環ファンが欠かせません。空気の循環に加えて一定の湿度も必要になります。それを解決したのもフィン式冷却器。冷却効率が高く、少ない力でより多くの冷たい風を通せます。しかも、冷却面積が広いので、冷却器に結露する水滴の量も多くなり、湿度が出やすくなります。風が常に冷却器を通っているので、冷気と潤いが安定して庫内に運ばれていきます。
フィン冷却器と冷却器に結露する水滴のイラスト
その4 省スペース化 (実用新案登録第3199891号)
コンプレッサータイプのワインセラーには、庫内を冷却する際に奪った熱を庫外への放熱する「コンデンサ」という部品が使用されています。SAB-90G(SAB-50G)は、この放熱用のコンデンサを左右両面、間口、天板の4つに分割。 背面側での放熱をなくすことで、奥行き寸法を短く(476mm)できました。背面に必要な放熱スペースもわずか30mmです。 分散されたコンデンサは最も外側に配置し、内側の断熱材の厚みを十分確保して、庫内にコンデンサの熱が伝わらないよう設計されています。 コンデンサの配置も、省スペース化と冷却効率の向上に寄与しています。
外側に配置したコンデンサの位置を示す写真
その5 省エネ化 (実用新案登録第3199891号)
扉パッキンが触れる間口部分にもコンデンサを配置して放熱しています。これは、ドアガラスへ熱を伝え、ガラスの結露を防ぐドアヒータの代用機能としての役割を果たしています。放熱を再利用して、ガラスへの結露を防ぎつつ、ドアヒータ分の消費電力をカットしました。ドアヒータは常時通電のためわずか5Wでも現在の電気代単価だと年間約1180円(※1)にもなります。加温ヒータやファンなど、多彩な付加機能を搭載していますが、冷却器、コンデンサの配置、断熱材の厚み、庫内容積の最小化などの工夫により、最低クラスの電気代(※2)を実現しています。
※1  5W×24h×365日×27円
※2  150kwh/年 25℃測定時で、年間約4060円。
コンデンサが入っている部分は、駆動時に、熱くなります。図面では、赤色で示しています。

FURNIELのワインセラーは、ミドルクラスでも同型セラーと比べて最小レベルの設置面積。スマートなフォルムに美しいフラットガラス、タッチパネル式のシンプルな操作部、そして黒で統一したインテリア性の高いシックなデザイン、さりげなさの中にも凛とした存在感を主張します。さらに、質感のある木製棚を全段に採用し、ワインを同一方向に美しく収納。格式のあるカーヴのように整然と並ぶワイン、それもFURNIELの大切なこだわりです。

ファニエル 6つの特長

長期熟成   インテリア性
     
使いやすさ、引き出し式スライド扉、タッチパネル   クラス最小の設置面積
     
エコロジー、省エネ設計、ノンフロン   5年保証・サポート
ファニエル取扱店
ヨドバシカメラビックカメラ上新電機ネットショッピングセラー専科
コジマ株式会社マルゼンワインセラー屋.com
蔦屋家電
FURNIEL実機展示店はこちらをご覧ください
ファニエル 仕様一覧へ